2005年01月30日

ささやかな作品展 +++ その4

futamata_1.jpg

九州の久留米での個展会場のディスプレーを知人を通じて頼まれた
なんでも京都が好きな人らしくて京都を訪れたときの写真を集めて開いた個展
普通はこういった場合にはあまり会場ディスプレーを請ってしまうと、作品が目立たなくなってしまうので気が引けたんだけど「思い切り京都らしく・・・・」って言葉に甘えてしまって「能面」「浴衣」「扇子」などなど・・・会場に無理やり竹を植えたり散々遊ばせてもらった

ただ工期が6時間程度しかなかったのが一番しんどかったな
でもこの時の店装屋さんが結構遊びの好きな人でかなり助かっちゃった
posted by andon at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ささやかな作品展 +++ その3

仙台のある住宅の前庭
仙台という街のことは「伊達政宗」と「牛タン」以外、知識持ち合わせていなかった

自分のイメージでは、木漏れ日の中の庭先で古びたベンチに座って気に入った小説を読みたくなる庭を造りたかった
澄んだ空気の中ではきっと若葉の青さは透き通ってるんだろうなぁ・・・・なんて思いながら書いたプレゼン用のスケッチ

プレゼンはOKをもらったんだけど、工事店との打ち合わせが・・・・・・
植種を記入してるのをただのメモ書きとでも思ったの?ベンチがあれば何でもいいと思ったの?コンテナの形も大きさもテクスチャーも・・・・・
地方の現場で予算も少なかったために打ち合わせの回数を減らしたのが大きな失敗だった
「ベンチはユーカリで作らないとダメだよ、市販のものじゃ銀色にならないから」ってあれだけいってたのに、、、、竣工したらそこにはなんときれいな鋳物のホワイトベンチが・・・・・

sendai_2.jpg

「施主さんの了解もらいましたから」って、、、、きついよなぁ、この台詞
こんなことになるなら赤字出しても管理しに行ったのにぃ・・・・

涙涙の作品でした
posted by andon at 22:19 | Comment(1) | TrackBack(2) | Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

ダニエル・オスト

フローリストで好きな作家の中にダニエル・オストって人がいるんだ
ベルギーの作家で20歳台で権威のある世界大会の賞をとって、今やベルギー王室の装飾とかを手がけている
andonは直接習ったことはないけどうちのスクールの講師が2人彼のレッスンを1週間ほどだけど受けたことがある

彼の作品はフラワーデザインというより、植物素材をメインに空間をディスプレーする作品が多いんだけど(特に最近はインドアスペースが多い)何年か前に大阪の花博跡のホールのディスプレイした頃から作風が変わったような気がする
知っている限りでは京都の町屋の仕事をした頃が彼独特の緻密な作品の最後なのかなぁ?

ディテールそのものは外人特有の雑な処理があったけど、落葉を一枚一枚ソーイングしていたデザインを見たときは思わず弟子入りしようかと思ったことがあった
牧歌的なのに繊細で周りの空気を上手く取り込んでた気がするなぁ・・・・
でも、最近のは大掛かりなだけな様な気がする
ちょっと寂しいけど作品を見ても意外性がなくなったなぁ・・・・
あの素朴さが好きだったのになぁ

で、そのオストが来月の10・11日と神戸のホテルオークラでウェディングショーをするらしいんだけどランチで2万円だって、、、、高くない?
posted by andon at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

今日の一輪

zebra.jpg今日の一輪といっても今日の誕生花とは何の関係もありません
スクールのある日にキーパーを覗いて気になった花を一つ紹介するだけです

この花はバラ、名前はゼブラ(だと思う)
バラには種類が多すぎてゼブラが正確な名前かどうかはっきりわからないのが多い
生産者がつけてくる名前をそのまま言ってるだけで、微妙な違いで名前が変わるのもあるし、名前を間違ってるんじゃない?ってのもたまにある

そもそも、バラの花に種類が多すぎるだけじゃなく「バラ科」の植物が多い
たとえば苺も「バラ科・苺属」、桜も「バラ科・桜属」
(このあたりで話のオチがわかってしまったかな?)

そうです、、、広い解釈をしてしまうと、「苺」と「さくらんぼ」の家系は同じなんですよね

ちなみにバラ科の木は建築意匠や家具の素材としてもよく使われる
代表的なのが「ローズウッド」
ローズウッドといえば「社長室」みたいなイメージがあったけれど、使い方によっては結構若向きのデザインも出来るんだよね、便利な素材だ

私の好きなチャールズ・イームズのクラブチェアー(ラウンジチェアー)の木部も、現在は合板シェルにウォルナットかローズウッドの単板張りだけど、初期の頃はローズウッドを使ってたらしい
初期の頃の椅子を見て見たいもんだ
posted by andon at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

花の名前

komachi昨日のキーパーの中の1本
この花はいわずと知れたカーネーション
学名は「ダイアンサス」って言ってナデシコ科ナデシコ属の花で、カーネーションの語源は、戴冠式(コロネーション)だというのが一般的かな?

まぁ、そんな事は別にいいんだけど、同じカーネーションでも名前があるんだよね
カーネーションが名字って感じ
で、この花は市場では「コマチ」って言われてる
世界の三大美人のうちの一人、小野小町からつけたと思うんだけどなんだか「ダサッ」って感じのネーミング
もっとましな名前があったろうに・・・・

ただでさえカーネーションは母の日を除くとあまり人気のない花なんだから、せめてかわいい名前をつければよかったのにね

カーネーションの本家ナデシコの中に「楊貴妃」っていう花があるんだけど、きっとそれに対抗したんだろうね
「楊貴妃」は花はもっと小さくて真っ赤な花なんだけど「コマチ」に比べるとゴージャスさに欠ける花なんだ
中国は足が小さいほど美人てされて多様な気がするから(記憶が正しければだけど・・・・)小さい&可愛い=美人=楊貴妃っていう図式なのかな?
posted by andon at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう忘れない!

しばらく前からなかなか思い出せない韓国語がある
寝てもさめても頭の上を飛び交ってる感じ
「イジョポリダ」っていう言葉なんだけど(カタカナで書くとこれでいいのかな?)訳が思い出せなくてずっとモヤモヤしてた

今日の会話
生徒:「イジョポリダ」ってどういう意味でした?
先生:忘れてしまう・ですか?
生徒:そう、思い出せなくて・・・・で、なんでした?
先生:だから、、、忘れてしまう・です(外国人独特の日本語の話し方です)
生徒:今度はきっちり覚えときますから・・・・
先生:???忘れてしまう・ですよ
生徒:???!!ひょっとして・・・「忘れてしまう」ですか?

こんだけ印象強かったらきっと忘れることはないか・・・・
posted by andon at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

デザインが決まらない・・・・

今年の秋発表予定のデザインがまだ決まらない

すでにいくつか煮詰めてはいるんだけど「これっ!」っていうのがないんだよねぇ
自分で書いたスケッチ見つめててもワクワク感がない
こんな時って、いくら頭をひねってみても「下手な考え休むに・・・・」で時間の無駄だってわかっていてもどんどん時間がなくなってくるプレッシャーから逃れるのに一苦労

今年用に作ったテーマカラーもいまいち反応がないし
自分に自信満々ならいろんな意見を押し切ってでも進めていくんだけど、なんか今年はちょっとちゃいそう

今日は一日本でも読んで、頭の中を放電さそうかな・・・・
posted by andon at 09:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

いまどきコスモス

cosmos.jpg


昨日スクールのフラワーキーパーを覗いてみると、なんとコスモスの花が入ってた
昨日は暦では大寒(実際暦通りだったけど)
秋の花が今頃見れるのは時季遅れなのか早すぎるのか悩んでしまう
もっとも、自然に咲いたわけじゃないから季節なんて関係ないんだろうけどね

いつでも見れるのはいいけど四季がどんどんなくなってしまうのはどうなのかなぁ?

posted by andon at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

言葉の変化

飲むって韓国語ではマシタって言ってるけど昔はマイタって言う言葉も普通にあったらしい
いつの間にか飲むのは全て尊敬語になってしまったんだって
理由は詳しく聞かなかったけど言葉ってどこの国でも変化していくんだろうね

チュッタっていうのも韓国の辞書では載ってなくてチュッpタに変わってるらしい
方言とかで発音の仕方が違っててなまり通りに字を書いたのが、そのまま今に至ってるのかなぁ?
どっちが正しいかといえば朝鮮民族語なんだからチュッpタっていうことになるんだろうけど、米語と英語の違いみたいなもんでメジャー(北朝鮮の人達ごめんなさい)になってしまったほうに流れていくのかなぁ?
日本でも韓国語っていうけど朝鮮語ってあまり言わないけど、学校で教える米語のことを英語って言ってるみたいなものなのかなぁ?

なまりの話の余談だけど、、、、ㅈをzhuって発音して、ㄷをdって発音するけど、象をドウって言ってしまう和歌山の人はこれが一苦労らしい

先生:「はい、いいですか ㅈがzhu ㄷがdですよ わかりましたね?」
生徒:「わかりました ㅈがd ㄷがdですね(^o^)」

、、、って本当かなぁ?コントみたいな話じゃん・・・・
posted by andon at 13:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | 韓国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

今年?の初成果

tact_01今日、雑誌が送られてきた
表紙は昨年末に描いたスケッチが装丁されてる
出来不出来はともかくとして、こうして自分の作品が表に出て行くのはやっぱり嬉しい
けど、表紙をじっくり見る人はいないと判っていても、アラが目立つからじっくり見ないでほしいなぁ・・・・なんて思ってしまう

正直言ってしまうと絵なんて中学生の授業でしか描いた事のない素人なんだ
仕事ではスケッチは描くけど全然種類が違うし、、、、いろんなことをそれなりにこなす自分は偉いと自分でも思うけど、本業はいったい何なのかわからなくなってしまう時もある

もともと絵なんか描くのは得意じゃなかったし、兄がやたらと上手かったせいで比較されてばっかりで絵を描くこと事体が好きじゃなかった
学生の頃もパースの点数は赤点に近かったし・・・・・
それがいつの間にかパースの講師をしたりスケッチセミナーの講師をしたりしてた自分がいてることに驚いてしまうし、今ではスケッチだけで仕事してるようなもんだしね・・・・ほんと、天職って判らないもんだ

ひょっとしたら、まだ見出せてない自分がどこかに潜んでるのかなぁ・・・・?


posted by andon at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

ささやかな作品展 +++ その2

job_02

ガーデニングの設計って結構おもしろい
ガーデンだけ切り離して考えるとつまらないものが出来上がってしまうけど、住まいからの見え方やライフスタイルとクロスオーバーさせると、どんなに狭い庭でも楽しい物語が始まる
四季毎に咲く花や色を変える葉・・・・割れてしまった壷・・・・錆付いてしまった乳母車
舞台を飾る小道具なんてあらためて購入する必要もないんだよね

私がデザインする家や庭は、いつも工事する人たちに嫌がられる・・・・
細かいとこに思い入れを入れすぎるのかなぁ・・・・・?
posted by andon at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災から10年・・・・

ガガーン・キューン・ドドドドド・ビチビチビチ・バリバリバリ・・・・・
耳からいまだに離れない音
震災直後に復興支援で神戸に入ったときに耳にした音

住まいは大阪だったために大きな被害は免れた
前を向いて歩く人の姿はなかった気がする
足元を見ながら、何かが落ちてこないか頭上に注意して、崩れ落ちた周囲を気にしながら・・・・・キョロキョロ・オドオド・・・・・

思い出すと怖いけど、忘れてしまってはいけない出来事だった
目に見える被害と、裏に隠れてる被害

住宅設計をしてる私はのお客さんの娘さんは親に内緒で風俗の仕事をやり始めた
壊れてしまった家のローンと、これから住まなくてはいけないマンションのローンの支払いの為に家計を助けないといけないから・・・・・
あのころの関西の風俗で働いてる子達には、ブランド品を買うためじゃなく切羽詰って働き出した子が多いらしい・・・

住宅会社や工務店は(全てじゃないと思うけど、、、って言うか全てでないことを願うけど)復興の名を借りて積極的に営業活動をしたところもあると聞く
人って悲しい生き物だなぁ・・・・
そのとき私は一級建築士の資格を有効に生かすことが出来なかった
どう手助けすればいいのか判らなかったのと自分の生活に余裕がなかった事も大きかったかな?

昨年秋から日本各地で復興が必要になる事体が起こってる
雪解けが始まったころからはきっと新しく家を建て直す家庭が増えてくるんだろうなぁ
今回は何とかボランティアで設計のお手伝いが出来ればいいんだけど・・・・
多雪地帯の農家って手がけたことがないから今から勉強しておかなくては・・・・
posted by andon at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

全然ちゃうやん

韓国語を教えてくれてるTさんがこの正月にお里帰り
3年前に入籍したらしいんだけど結婚式はしてなくて、韓国に住むご両親は彼女の晴れ姿をまだ見てなかったんだって
で、結婚式を挙げるために4年ぶりに帰郷して初めて作ったチマチョゴリを着て盛大?な式を挙げたんだって
話の流れで「写真を見たい」っていうことになって来週見れるんだけど、なんだか結構笑えそうな感じだったので「カッチ笑ぉっ!」って言ったら「たまにいい表現しますね」って言われた
ん?なんのこっちゃ・・・・っと思って聞いてみたら「가져와요」に聞こえたらしい
ちゃんと韓国語で言えなかったのもショックだけど、日本語の発音も直さないといけないのっ!?って・・・・結構へこんでしまった

ついでに、、、今までチョゴリはチマチョゴリの略語だと思ってたけど、チョゴリは上着でチマはスカート?(間違ってたらゴメンなさい)なんだって
知らなかったなぁ〜
posted by andon at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

ささやかな作品展 +++ その1

job_01

もう15年ほど前にデザインした某住宅メーカーのプロトタイプ

建築デザイナーっていうのは物造りをしてるときはハツラツとしてるが、いつかは自分の意思に関係なく処分されてしまう
個別作品でなく商品開発してるデザイナーは建築に限らず工業デザインでも同じことがあると思う
ただ、建築デザインの場合は気に入ったものを自分の手元に保存することが出来ないんだよね・・・・
家電製品などだと個人でも保存できるけど、住宅の場合はそうはいかない
大きすぎて土地がいくらあっても追いつかない

寂しいんだよねぇ、、、、処分された後に残るのは写真だけ
つまり遺影みたいなもんだ
ましてや、私のようなブレーンとして商品企画してると自分の作品のようで自分の作品じゃなくなってしまうことが多い
商品として売り出されてしまうと、企業の名前しか表に出ないから仕方がないか・・・・
そういう立場だとわかってるんだけど、やたら虚しくなってしまう事がある

だからこの場で、第一線を去っていった作品展をひっそりと開催してみようと思います
posted by andon at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

韓国語を話したい!

韓国語を勉強するようになって1年以上経過してしまった
ついつい「仕事に追われて・・・・」って言い訳を作ってしまってる

韓流ブームが来たから習おうと思ったわけじゃないんだ!
習う動機は「人とは違うっ!」って大声で叫びたい気分だよ
みんなと同じことをするのが嫌いな性格だから・・・
ブームのお陰で韓国語を習う人が増えてきたからちょっとだけ熱が冷めてしまった気がするんだよねぇ〜

でも、気分一新! 今年こそ気合を入れなおして頑張ってみよう
posted by andon at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インクがなくなってしまった・・・・・

もう少しで完成するのにペンのインクがなくなってしまった・・・・
なくなったお陰で仕事を中断できてブログも三日坊主だけは免れたみたい
喜んでいいのか悲しんでいいのか・・・・
思い起こせば(大袈裟すぎる?)今使ってるペンは非常にお気に入り

artpen

このペン、デザインはいまいちなんだけど非常に手になじんで、走りも良くて心地よい
rotring社のArtPen
確か今は商品名が変わってると思う
同じものを3本ほど持っていたけど今のこの1本だけがペン先のすべりが良かった
このペンとイエローペーパーの愛称は抜群!
仕事柄、文房具の友達は多いけど時代の流れか、愛用してたシャープペンシルやマーカーなんかとはお別れしてしまったけど、この1本だけはもう15年は付き合ってる
よく稼がせてもらった
感謝・感謝・・・・また感謝!!
明日、さっそくインクを買いに行かねば・・・・
posted by andon at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

とりあえず・・・・

HEADはこんなもんかな
後はBODYのデザインを何とかしなきゃな
遊び半分でやり始めてみたけどちょっとハマリ気味
今までFLASHはトゥイーンだけで動かしてたけど今回初めてアクションなるものを使ってみた
完璧とはいえないけど初めてにしては上出来だな(ちょっと満足)
posted by andon at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

なんとかなりそうかなぁ・・・・?

HTMLを自由にさわれないのは痛いけど、大体の要領はわかったつもり
画像もJPG以外も埋め込めそうだし・・・・
しかしFLASHっちゅうもんはなかなか難しいなぁ・・・・
アクションプログラムが組み方わからない
ビィヨーンって出てくるのがしたかったけど、また時間があるときにでも挑戦してみることにします
posted by andon at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

さぁ〜て・・・・頑張るぞっ!

遅れをとっちゃいけない!ってなんだかつらいんだよなぁ・・・・
でも、知ってなくっちゃ人にアドバイスも出来ないし・・・・
そんな訳でとにかくはじめてみます
BLOGってものを・・・・
posted by andon at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする