2005年11月21日

憤慨してます!

えらいことになってるね、震度5で崩壊だって?

建築設計事務所ってひとくくりにしてるけど大きく分けて構造設計と意匠設計と管理設計に分かれる
基本的に意匠設計者は構造に弱いから構造設計事務所に構造設計を依頼するのが一般的な流れだと思う

構造屋はコストダウンした設計を考えるときに基本データそのものを軽減させた設計をしたらあかんやろ
そんなんやったら素人でも出来る
僕は構造わからないからなんともいえんけど、経済設計の為にスパン割を変えるとか構造形式を変えるとか、もっとかっこよく仕事してほしいもんや

意匠屋も構造わからんとはいえ今までの経験で、主筋本数とか断面寸法とか明らかにおかしかったら解るやろ
設計者ってのはそのプロジェクトにおいては最高責任者やねんから、知らんかったとか解らんかったですむこっちゃないわな
設計者の承認がなければたとえ施主の希望といえども勝手に変更したらあかんって法律でも決められてるくらい権威持たされてるんやからな

それと管理設計屋さん
あんたも現場検査のときに見抜かんとあかんやろ

そら、わずかなごまかしなら見ただけでは解らんとしても、鉄筋1本減らしたり断面数センチ減らすくらいで大きなコストダウン図れる分けちゃうねんから今回の件は管理ミスもあるわな

やってええ違法とやったらあかん違法があるやろ
地震王国日本で、ただでさえ大きな地震が来る可能性高くなってきてるときにやることとちゃうで
建築基準法違反とかいう問題で済まされへんで
個人的には今回のは大量殺人未遂(こんな罪状がないやろけど)やと思うな

引渡し前ならまだ良かったやろけど、すでに竣工して入居済みだし、ホテルなんかは営業出来ひんし、保障金だけでも倒産確実やな
倒産したらそれこそ誰が保障すんねん?

国家資格持って仕事させてもらってんやから、もっと一級建築士としての自覚もって仕事しようや
同じ建築士として恥ずかしいわ

むかつく!
posted by andon at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イエロートレース

イエロートレースがやっと届いた
欧米の設計事務所なんかではよく使われてたコットンペーパーなんだけどなぜか日本では半透明のトレーシングペーパーが一般的
イエローペーパーは普通のトレーシングペーパーに比べると、鉛筆の芯カスもあまり出ないから汚れも少ないしすべりが良い
マーカーでもインクでもよくのるし筆の走りが良い

始めて使ったときには先輩から「10年早いわっ!」とか言ってよく嫌味を言われたけど、それでも使い始めるとやっぱりやめられない
今はNETで購入できるけど昔は手に入れるのに苦労した

今使ってるのはアメリカ製だけどヨーロッパ製のほうが色が優しくってなんとなく使いやすい
だけど、どこで手に入るかわからない
NETで出てるのは、ほとんどアメリカ製で名前のとおり黄色っぽい
前にタイでたまたま見つけて買ったのが少しクリームっぽい良い感じだったんだけど、あれはたぶんドイツ製だったような・・・・
今思うと、ごく普通の百貨店みたいなところに何気においてあったけどうらやましい限りだ

今や図面もイラストもPC使う時代になってしまってるから、イエロートレースみたいな良い紙も古き時代の遺物になってしまうのかもしれないな・・・・・
posted by andon at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

交響曲第5番「朝ごはん」

asagohan.jpg
上海太郎舞踏公司のCDで「聴くな。〜Bravissimo〜」ちゅうのを始めて聴いた
ベートーベンの運命とか第九とかがベースになってんねんけど、そらもう笑う笑う
買う気にはなれへんけど他の曲もいっぺん聴いてみたいなぁ

ここで試聴できるからいっぺん聞いてみて
やぁ〜な事あった時に聴いてみたら忘れてしまうかも知れへんで!
http://www.universal-music.co.jp/classics/special/asagohan/uccs5001.html
iTunes入れてたら他の曲もちょっと短いけど聞けるみたい

ただし、クラシックをこよなく愛してる人は聞かんほうがえぇと思う

しかし、大阪弁てえぇ感じやなぁ
自分でしゃべっててもなんとも思えへんけど、こうしてあらためて聞くとなんとのぉあったこぉて人を小ばかにした言葉やなぁ
posted by andon at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

ちょっと嬉しい出来事

以前にちょっとブログで触れたんだけど、建築レベルでもヒートアイランド対策をしないといけない・・・・うんぬんって

打ち合わせのたびに「地球を守ることを考えないと・・・・」っていい続けてたのが実ったのかやっとメーカーがアクションを起こしてくれた
少し道が開けてきた
次期商品には完成されたものとしては盛り込めないと思うけど、コンセプトだけはしっかり作りこまないといけないなぁ

これを契機に多くのメーカーや企業も、今の建築計画のあり方を見直してくれると嬉しいんだけどなぁ・・・・・
posted by andon at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

車が故障

いつものように気楽に運転してた車のメーターがいつも見慣れてるのととちょっと違う感じ
冷却水温度計の横に赤ランプ
「ん?なんだ?」
気にしながらも走ってると温度計の針が130℃こ超えてしまった
ちょっとやばい感じ
修理工場までの距離を考えながら温度計とにらめっこして走る
おいおい、150℃こえかけてるジャン
いまどきオーバーヒートする車なんかあるのか?
まして今や冬に近づいてるんだぞ!とか思いながらなんとか無事?修理工場に到着

止めた車のボンネットを開けて覗いてみたけどパイプに以上はなし
サービス担当者が来るのを待ってる間に車の下に目をやるとコンクリートに濡れた感じ
サービスの人間がボンネットを覗いてる間にコンクリートのしみがどんどん広がってる
いやぁ〜な感じ
不凍液が入ってるから緑色の水たまりになってる
まるで怪我して倒れて血を流してるような感じでゆっくりと広がってきてる

「お前はエイリアンかっ!」

あ〜ぁ、またいらん出費がかさむ
見積もり見るのが怖いよぉ〜
posted by andon at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

ちょっとビックリ!

daikon.jpg

今朝見たテレビで知ったんだけど、兵庫県相生市の歩道で、大根がアスファルト路面を突き抜けて10センチほど頭を出たんだってさ
太さが直径約5センチ位で緑の葉を広げてる

誰かが悪戯でしたんじゃないとしたらちょっとすごいことだよねぇ

強いよなぁ、自然の力っていうか生命力って!
posted by andon at 09:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

鳥インフルエンザ

ニュースで知ったんだけど、どこかの国に大量の鶏を処分できる機械があるって・・・・
容器に鶏を入れて炭酸ガスで処分するんだってさ
これってナチスのガス室送りみたいなもの?
他にもアヒル用があって、アヒルは3分ぐらい呼吸しなくても生きてるらしいからアヒルは電気で処分するらしい

鳥インフルエンザの被害が人間に及ばないためにするのは理解できるけど、なんだかなぁ〜って感じだな

考えてみると人間ていう生き物は、身勝手で恐ろしい動物なんだなぁ

悲しいニュースを聞いたもんだ・・・・・
posted by andon at 01:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | NOTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする