2013年03月22日

爆弾?

2013-03-22 15.57.01.jpg銀行に行くつもりで歩いてた時のことです
途中にある別の銀行(写真の銀行)の周りに警官がいっぱい
銀行の周りには黄色いテープで囲ってある
警察が使うテープはどこも黄色なの?とか思いながら、なんか事件のあった後の現場検証でもしてるんだろうなぁ・・・くらいの軽い気持ちで通り過ぎた
でも、考えたら銀行である事件っていうと銀行強盗だよね
だとしたら、軽い気持ちで通り過ぎたらダメですよね
どっちにしても事後処理だと思ってたからそう深くは考えなかったのです

で、帰りも当然ながら同じ道を通るのですが、行くときより明らかに野次馬の数が増えてます
新聞記者っぽい人もいてたような・・・
もちろん警官の数も増えてます
来るときに通ってきた路地は進入禁止になってました
大通りも車両通行止めになってました
???何があったんだろ???
ほぼその路地の入口近くに来たときに、異様な姿の警官が一人路地に入っていくのです
あの姿はTVでしか見たことないのですが、どう見ても爆弾処理班の格好に似てるんです
大通りから10mくらいの距離のところに捨ててあるっぽい物に向かって歩いて行く警官
警官は足で不審物を蹴ったような・・・
それを横目で見ながらブラブラと歩いてるわたし
近くに警官がいててもわたしを止めようとしないから、そんなに危険性は感じなかった
その処理班っぽい完全武装した警官もすぐに戻ってきたみたいだし・・・・
でも、周りを見ると野次馬はいっぱいだけどみんな大通りの反対側
こっち側にいてるのは警官だけで一般市民は私一人

問題はここからです
その路地の入口を5mくらいかな?通りすぎたときに「ボーンッ!」
うそっ!今の音爆発?
めちゃ戻って確認したかったけど、さすがに危機感を覚えてます
しばらくその方向を凝視してたけどこの角度からは何も見えない><
かといって、今更道わたって多くの野次馬のいる特等席に行くのもなんだかなぁ・・・って感じだし
仕方なく確認作業をしたい気持ちを抑えて帰ることに・・・
その後部屋につくまでにもう一度爆発音

どうやら爆発物があったことには違いないと思うのです
だとしたら、なぜ警官はその爆発っぽいところから10mくらいのところを歩いてた一般市民の安全を守ろうとしなかったの?
もしも負傷でもしたら・・・とか、警官は思わなかったんだろうか・・・・



posted by andon at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック