2013年08月28日

タイ式誕生日

友達の(日本の感覚だと知り合いだけど、こっちじゃ一度でも話すと友達らしい)誕生日パーティに行ってきた

話の発端は「27日忙しい?」
「いや、そんなに忙しくないけど」っていう会話から始まった
ここまでは正しくタイ語を聞き取ってた
「なんで?」
「27日私の誕生日だからご飯一緒に食べない?」
これが聞き間違えたみたい
てっきり「誕生日だからご馳走して!」という意味だと解釈したんだけど、行ってみたらパーティ?だった
つまり、わたしは招待されたわけだ

パーティという表現があってるかどうかはわからないけど、会場は友達の仕事場の前の歩道
そこに御座敷いてムーガタが始まってる
ムーガタっていうのはタイ式焼き肉のこと
焼き肉って言っても焼き肉としゃぶしゃぶを一つの鉄板でする
説明邪魔臭いから省くけど、なにせ専用の鍋がある
その鍋が3つも用意されてる
どこの家もこの鍋は持ってそうだ
言ってみりゃ大阪でたこ焼きの鉄板が大抵の家にあるようなものだと思う

でだ、誕生日のホームパーティだったら本人は上座で鎮座して、家族の人たちが色々世話を焼くものだと思ってたら、なんと本人が一生懸命働いてて、いつ始まるともなく来た人からかってに食べ始めてる
「おめでとう!それでは皆さんいただきましょう」なんていうルールはない

習慣の違いにひたすら戸惑う

聞くところによると、招待された人は勝手に人を誘って行っても良いらしい
誕生日を迎える本人が面識のない人にもご馳走を振る舞うわけだ
お祝いのプレゼントを貰う代りにご馳走でお返しというわけでもなさそう
プレゼントは持っていかなくても「なに?こいつ・・・」なんてことは思われない

太っ腹なタイ人

思うにさほど収入も多くなさそう(失礼)な友人にとっては大きな出費になると思うんだが・・・
顔の広い人なら、ホールインワン保険みたいな誕生日保険なるものが必要になるかもしれないね

貴重な経験をした1日だった
posted by andon at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック